●PARIS-2区 Boulangerie Blouet(ブランジェリー ブルエ)

 金曜日にだけ焼かれるパンがある。
日本のパン屋のようにお惣菜パンや変わり種のパンが多くなく、どのパン屋も定番のパンを同じように毎日出していることが多い。
 ただ週末に向けて金曜日にだけ焼きますというようなパンがあって、「ライ麦パン」は金曜日のみという店が多い。小麦粉にライ麦を配合したPain de seigle(パンドセーグル)ではなく、Tourte de Seigle(トゥルトドセーグル)というライ麦たっぷりの円形パンは金曜日の特別パンであることが多い。

 ライ麦たっぷりのパンは、魚介類にあわせて食べるのがおすすめで、牡蠣の季節やクリスマスなど家族が集まるようなお祝いシーズンにもよくみかける。
 ライ麦独特の酸味に、ずっしりと重たい密なパン。

 ライ麦は小麦粉と違いグルテンを含まない(正確には伸びのいいグルテニンがなく弾力の強いグリアジンしか持っていない)。さらに含まれているペントザンという成分の吸水力が強いので、焼き上がったパンも小麦粉のパンのようにふっくらとはならない。
 このライ麦。とにかくべとついて扱いづらい。生地の水分をふやすとべとべとどろどろの粘性の泥のようになる。扱いやすさなのか、味の好みなのか、小麦粉の割合が高いものや、生地の水分量を減らしているものが多い。
 残念ながら、小麦粉の量が多いと当然ライ麦独特の風味が損なわれるし、水分が少ないと乾燥したままのライ麦粉が焼かれた感じで、ライ麦のイガイガした食感やとげとげしい味が口の中に残る。

ブランジェリー・ブルエ外観
サックスブルーを基調とした愛らしい店舗


 ここBoulangerie Blouet(ブランジェリー ブルエ)は、パリの胃袋通りといわれるモントルグイユ通り(Rue Montorgueil)の端にある。モントルグイユ通りでは、老舗パティスリーのストレー(Stohrer)でもパンが買えるし、有名なポール(Paul)、エリックカイザー(MAISON KAYSER)の店、他にもパン屋がいくつかある。
 ブルエは、パティスリーのような愛らしい外観のお店で、観光客よりは付近の住民らしき人がよく行列を作っている。
 店構えは新しいが、品揃えは定番のビエノワズリー、バゲット、カンパーニュ、ケーキ、お昼時にはサンドイッチがたくさんというごく一般的なパン屋だ。

 ここのTourte de Seigle(トゥルトドセーグル)が、とにかく美味しい。
もともとライ麦好きなので、他のお店でもライ麦パンを見つけるとつい買ってしまう。トゥルトドセーグルは、まず顔つきで「お、これは期待できるな」という期待度が変わる。

 ブルエのTourte de Seigleは「かなり美形」だと思ったので、早速購入。カットしてみると、外側はごつごつと岩のようにしっかりと焼かれていて、中はねっちりずっしり。 かなりいい感じ。
 香りも外側はしっかりと焼いた香ばしい香りと、中からはライ麦がしっかり吸水した時にでる甘酸っぱい香り。味は、口に含む前から「待っていました」と言わんばかりに出てくる唾液が歓喜する味。ねっちりした食感の中からまずは酸味、その次にじんわりと野生味のある旨味、最後にライ麦特有の甘味。

ブランジェリーブルエの陳列棚

 今もライ麦パンを見かけると買ってしまうのだが、今のところブルエのTourte de Seigleがナンバーワンだ。毎週金曜日にだけ焼いているので、金曜日になったらほぼ毎週買いに行っている。

 ちなみに。ライ麦パンは前述の通りねちねちとしているので、トランシェ(trancher=スライス)してくれないお店も多い。ブルエも15時以降頃になるとしっかりとパンが冷めてくるのでスライスしてくれるが、午前中はまだほかほかなので無理だと断られる。がりがりごつごつした皮で、自分で切るのはなかなか大変なので、トランシェできる時間に売り切れてないか毎週どきどきしている。

 

ブランジェリー・ブルエのガレットデロワ
1月になると風物詩のガレットデロワも並ぶ。

++ Information ++

Boulangerie Blouet(ブランジェリー ブルエ)

[Open / 営業日時 ]
水曜日〜日曜日 7:00 am-20:00 pm
月曜日・火曜日     定休日


[Adresse / 場所 ]
4 Rue des Petits Carreaux,
75002 Paris FRANCE

[GoogleMap / グーグルマップ ]
https://goo.gl/maps/aWDsiwav1XQ3tCTu6

Boulangerie Blouet(ブルエ)の
Tourte de Seigle (ライ麦パン)、じっくりご覧ください。

Boulangerie Blouet(ブルエ)の
オリーブのバゲット、じっくりご覧ください。

オリーブのバゲットも結構おすすめ。これだけでワインが飲めるおつまみパン。

Boulangerie Blouet(ブルエ)の
Boule aux grains(雑穀パン)、じっくりご覧ください。

ブルエのライ麦パン
最新情報をチェックしよう!